深澤歯科医院から患者さんへ3つのお約束~診療コンセプト~

コンセプト 1 歯と全身の関係をいつも考えます

コンセプト 2 できるだけ痛みを感じない治療を目指します

コンセプト 3 より質の高い、歯を美しくする治療を目指します

歯と全身の関係について

お口の健康は、全身の健康と密接に関係しています。口腔内で繁殖した細菌が全身の病気の原因となっていることが、近年の研究でわかっているのです。また反対に、全身疾患のせいでお口の状態が悪くなることも。当院では、常に患者さんの歯と全身の関係を考えた診療を行っています。気になることがあれば、なんでもお気軽におたずねください。

できるだけ痛くない治療「無痛治療」について

笑気麻酔

歯科治療のマイナスイメージの大きな部分が、痛みに対する恐怖心。当院では「日本障害者歯科学会認定医」である院長はじめ、スタッフ一同、患者さんにリラックスしていただける雰囲気づくりを心がけています。治療にあたっては、表面麻酔・笑気ガス・浸潤麻酔・レーザー治療器などを活用し、できるだけ痛みを感じさせない「無痛治療」を行っています。

より質の高い治療・歯を美しくする治療について

院長

一人ひとりの患者さんに対して、きちんと時間をかけた丁寧な治療を行います。治療に手抜きや妥協は禁物。健康な歯や歯ぐきは美しい見た目を実現します。ホワイトニングや審美治療などのご希望にもお応えできるご用意がありますので、ぜひお気軽におたずねください。

  • PAGE TOP

院長インタビュー

――深澤歯科医院には、医院のある浦和区以外からも通っていらっしゃる患者さんが多いとお聞きしますが

治療風景01

はい。浦和区のほか緑区や川口市からも通われる患者さんが多いですね。なかには東京や神奈川から、わざわざお越しくださる方もいらっしゃいます。もともと当院へ通っていた方が、引越し先でよい歯科医院に巡りあえずに「やっぱり深澤先生がいい」と通ってきてくれています。

以前、勤務していた歯科衛生士さんも、結婚・出産を機に退職したのち、お子さんを連れて受診してくれていますよ。その方自身も腕のいい衛生士さんなんですが、「深澤先生は日本一の歯科医師だと思ってます」と言ってくれて(笑)、ありがたいことだと思っています。

――そう言われる秘訣というか、患者さんがどこに信頼を置いてくれていると思いますか?

治療風景02

そうですね、治療に関して「手抜き」とか「妥協」といったことは一切考えてないことでしょうか。どんな状況の方にも、まじめに向き合っていると思います。それから歯科医師は気持ちで寄り添うことも大切ですが、一番大切なのは、技術力で患者さんに応えなくてはいけないと考えています。ですから、どんな難しい症状にもいつでも対応できる技術力を、常に磨いています。

――深澤先生が特にこだわりを持って治療にあたられるのが「根管治療」だとおうかがいしています

治療風景03

根管治療は手間をかけてしっかり治療すれば、歯はその後も10~20年は持ちます。あまりこのことをご存じない方もいらっしゃるので、患者さんには知っておいていただきたいですね。

急に歯が痛くなって他院を受診したところ、その日に抜歯してインプラントにされた方がいらっしゃるのですが、後日、当院に来られてお話をうかがう限り、「私だったら根管治療で歯を残せたんじゃないかなぁ」と思いました。抜歯してインプラントという方法も、医療技術の発達で治療時間が短く済んだり痛みもあまり感じないで終わったりしますが、根管治療で歯を残すほうが今後のためにもいいと思っています。天然歯の機能は、どんなに高品質な人工物にも代えがたいもの。私は、根管治療はその貴重な天然歯を守る最後の治療法だと考えています。

――もうひとつのこだわりとして、深澤先生は「予防」にも重点を置いた診療をされているそうですね

治療風景04

はい。「予防」というと皆さん当たり前のように思われるかもしれませんが、その大切さを理解して予防のために通ってくださる方は少ないですね。歯を失うようなことがあって、ようやく予防の大切さを理解される方がほとんどのようです。失ってからわかるというのも悲しいことですが。

私が一番患者さんに知っていただきたいのが、「天然歯より優れた人工歯はない」ということです。天然歯を守る方法、つまり予防の手段はしっかり確立されています。毎日の歯みがきをきちんと行うことももちろんですが、セルフケアだけでは行き届かない部分は出てしまうものなので、そういう部分は私たち歯の専門家にまかせていただきたいですね。

――最後に、このページをご覧の方にメッセージをお願いします。

スタッフ

歯医者へは症状が出てから通うという方が多いですが、痛みがないうちから気軽に歯科医院を利用していただきたいですね。定期検診を受けている場合とそうでない場合では、歯を失ってしまう率が大きく異なるという調査結果があるほどなので。歯を失う人が急激に増えるのが50歳代からなので、それ以前から積極的に定期検診やクリーニングを受けていただきたいですね。そうすれば80歳で20本以上、ご自分の歯を残すのも夢ではありません。

いつまでもご自分の歯、天然歯で食べられることは、大変素晴らしいことです。できるだけ歯を失うことのないよう、私たちがお手伝いします。そのためにも定期検診の受診を強くおすすめします。ぜひお気軽にご来院ください。

院長紹介

院長:深澤 龍司
日本障害者歯科学会認定医
日本糖尿病協会歯科医師登録医

院長:深澤 龍司
略歴
昭和29年
深澤歯科医院 開業
平成2年
鶴見大学歯学部 卒業
平成5年
深澤歯科医院 院長就任
所属団体
  • 日本歯科医師会
  • 埼玉県歯科医師会
  • 浦和歯科医師会 理事
  • 日本法医歯科学会
  • エルビウムデンタルレーザーアカデミー会員
  • その他(さいたま市立大久保小学校、私立幼稚園の歯科医を担当)
学校での講演会の様子

講演会01

講演会02

講演後のアンケート

下記画像をクリックすると拡大表示されます。

  • PAGE TOP

診療の流れ

STEP. 1 ご予約

お電話、もしくはメールにてご予約ください。また、ご来院時には保険証をお持ちください。
※当院を受診したことがある患者さんに限り、時間外対応のご相談をお受けしております。

048-822-4773 スマートフォンの方はこちらをタップ

予約フォーム

STEP. 2 問診票記入

受付

お口のお困りごとや既往症、服用中のお薬、アレルギーの有無などを問診票に記入していただきます。

STEP. 3 カウンセリング・検査

診療風景05

患者さん一人につき30分~1時間と十分な時間を確保し、院長自らがカウンセリング・検査を行います。
【カウンセリング】症状やお口のお悩みをしっかりお聞きします。患者さんのお口の状況を診て、応急処置が必要な場合はそちらを優先いたします。
【検査】必要に応じて、レントゲン撮影などを行います。

STEP. 4 治療

診療風景06

治療内容をわかりやすくご説明したのち、患者さんの同意を得てから治療に入ります。治療には十分な時間をお取りするため、日時を再予約していただきます。

STEP. 5 メインテナンス

診療風景07

治療後はお口の健康のためにも、定期的なメインテナンスが大切です。当院では、半年に1度のメインテナンスをご提案しています。また、大がかりな治療をされた方は、1ヶ月に1度のメインテナンスを受けることで、治療効果が長持ちします。
※長期でご来院のない患者さんにはリコールはがきをお送りしています。

埼玉県さいたま市|診療予約|深澤歯科医院