詰め物・被せ物などの見た目をよりよくする審美治療

虫歯治療で削った歯を補う歯科技工物。保険診療の場合、奥歯などの目立ちにくい部分には、銀色の金属が使われることになります。この「銀歯」の見た目が気になって、大きく口を開けて笑えなかったり、笑うときについ口元を手で隠したりしてしまっている方は少なくありません。そういうお悩みがあるなら、審美歯科を検討してみることをおすすめします。

当院の審美歯科では、歯の見た目を向上させるだけでなく、咬み合わせなどにも十分配慮した処置を行っています。気になる銀歯を、咬み合わせを考慮しながら作製された白い技工物にかえることで美しい見た目を実現し、自然な笑顔を取り戻します。

審美歯科素材にかえるメリット

保険診療での詰め物・被せ物、いわゆる銀歯は、金属の溶け出しにより歯ぐきに黒ずみを引き起こすだけでなく、金属アレルギーを引き起こすリスクがあります。また、寿命も短く、細菌が隙間から入りやすいことから病気を再発しやすくなっています。その点、審美歯科素材はその多くがメタルフリー(金属不使用)。また、天然歯との接合もよく細菌が入りにくいだけでなく、虫歯菌の付着が少ないのが特徴です。天然歯とも遜色ない見た目が手に入り耐久年数も長いことから、保険適用外のため多少高価にはなりますが、大きなメリットがあります。

当院では、患者さんのご要望に応じて、さまざまな審美歯科素材をご用意しています。歯科技工物の見た目が気になるといったお悩みをお持ちの方は、一度お気軽にご相談ください。

当院の審美歯科治療

オールセラミック

素材のすべてがセラミックでできており、インレー(詰め物)・クラウン(被せ物)に用いられます。透明感があり、美しさは天然歯に勝るとも劣りません。周囲の歯に色調を合わせることができるのも特徴。メタルフリーですので金属アレルギーの心配がありません。

ジルコニア

人工ダイヤモンドとしても使われる素材でできた被せ物。透明感と美しさを兼ね備えており、金属と同じくらいの強度があります。メタルフリーですので金属アレルギーの心配がありません。

メタルボンド

内側に強度の高い金属を使用し、表面にセラミックを焼きつけた被せ物です。強度・耐久性と美しさを両立しています。貴金属を使用することで金属アレルギーのリスクを抑えることができます。

ファイバーコア

透明感のある被せ物を装着すると、内側の芯(コア)が金属の場合、透けて見えることがあります。一方、ファイバーコアはグラスファイバー製の白い素材ですので、透けることがありません。また、柔軟性があるため、天然歯の破折の心配もほとんどありません。

ラミネートベニア

前歯の表面をごく薄く削って、セラミックの板をつけ爪のように貼ります。前歯の形状、軽度に乱れた歯並び・咬み合わせの改善が期待できる方法です。

キレイなお口を維持するには

審美治療で得た美しい歯も、きちんとメインテナンスをしていないと、虫歯歯周病、色の濃い食べものによる着色などで失ってしまうリスクがあります。治療後は予防歯科のクリーニングなどを活用して、白く美しい歯と健康な口元をキープしましょう。

【歯並びが気になる方へ~マウスピースによる矯正~】

「歯が白くキレイになったので、歯並びのガタガタが見た目的に気になるけど、矯正は見た目に抵抗がある……」そんな方におすすめなのが、透明なマウスピースを使用した矯正方法。装着していることを気づかれにくい透明なマウスピースを定期的に交換し、歯を少しずつ理想的な位置へ導きます。食事や歯みがき時には取り外しができるのも大きなメリットです。

先生からのメッセージ

審美治療は、歯の見た目を改善してコンプレックスを解消するだけでなく、メタルフリー素材を使用するため、体にもやさしい治療といえます。また、細菌の付着が起こりにくい素材が多いため、虫歯が再発しにくいといったメリットも期待できます。歯の見た目で気になっていることがあるなら、なんでもお気軽にご相談ください。天然歯を白くしたいなら、歯そのものを内側から白くするホワイトニングという方法もありますよ。

埼玉県さいたま市|診療予約|深澤歯科医院