歯を失ったときは早めに相談ください

歯を失ったまま放置すると、見た目に悪い(老けて見える)ばかりでなく、隣の歯が傾いてきて歯列を乱すことがあります。また、食事や会話がうまくできなかったり、スポーツで力を入れることができなくなったりします。咬み合わせのバランスが崩れ、全身の筋肉や骨格のバランスも歪み、頭痛や肩こり、顎関節症といった体の不調につながることも。さらに、歯を失うと顎の骨が痩せてしまうため、他の歯を支える力も弱くなり、なし崩し的に歯を失ってしまう可能性も捨て切れません。

こういったことを防ぐために、歯を失ったときはできるだけ早めに歯の機能を補う補綴(ほてつ)治療を行う必要があります。

各治療の比較

現在、補綴治療には、入れ歯、ブリッジ、インプラントといった治療法があります。

 

インプラント

インプラント

入れ歯(保険適用の場合)

入れ歯(保険適用の場合)

ブリッジ

ブリッジ

  歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療。 1本~すべての歯まで、失った歯の本数に合わせて作った義歯を、バネを使うなどして装着する治療。 横並びに1~数本の歯を失った場合に、両脇に残った歯を削って支えにして、連なった人工歯を被せる治療。
メリット
  • 見た目が自然で美しい
  • 違和感がない
  • 硬いものでもしっかり咬める
  • 周囲の歯を傷つけたり、負担をかけたりしない
  • 金属アレルギーの心配がほとんどない
  • 治療期間が短い
  • 治療費が安く済む
  • 見た目が自然
  • 違和感が少ない
  • 使用する素材によっては、保険が適用される
デメリット
  • 治療費が高い
  • 外科手術が必要になる
  • 全身疾患がある場合や顎の骨の量が少ない場合などは、治療を受けられないケースがある
  • 見た目がよくないことがある
  • しっかり咬むことができないことがある
  • 違和感があることがある
  • バネを使った入れ歯の場合、隣の歯に負担がかかる
  • 手入れをする必要がある
  • 使っているうちに合わなくなることがある
  • 両脇の歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯に大きな負担がかかり、将来的にその歯を失ってしまうことがある
ブリッジの種類

現在、ブリッジにはいろいろな種類・素材があり、患者さんのお口の状況、歯を失った場所に応じて、適切なものを選ぶことができます。保険診療では人工歯の素材としてレジン(歯科用プラスチック)や銀歯しか使用できず、これらの素材は経年劣化や変色、土台にする金属からの溶け出しといったデメリットがあります。こういったデメリットを解消するために、当院ではセラミックをはじめとする白く美しい審美歯科素材を用いたブリッジをご提供しています。インプラントは手術が必要だから抵抗がある、入れ歯は見た目が気になるという方には、当院の高品質・高技術のブリッジ治療をおすすめしています。

入れ歯の種類

金属床義歯

自費

金属床義歯 床が金属でできた入れ歯です。床を薄くできるため装着感がよく、熱伝導率が高いため食べものの温度が伝わりやすいのが特徴です。また、耐久性も高く長持ちし、雑菌や汚れが付きにくく衛生的です。床に使う金属には、ゴールド・コバルトクロム・チタンなどがあります。

シリコンデンチャー

シリコンデンチャー 床が弾力性のある生体用シリコンでできた入れ歯です。見た目が自然なのはもちろん、吸着・密閉性が高くフィット感に優れています。そのため、入れ歯と歯ぐきの間にものが挟まることによる痛みが軽減されており、硬いものもしっかり咬めます。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー バネ(クラスプ)のない部分入れ歯です。歯ぐき部分がやわらかいシリコンで作られているためしっかりフィットするうえに負荷がかからないため、硬いものでも痛みなくしっかり咬めます。また、入れ歯を使っていることが周囲にわからない自然な見た目を実現します。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー 残っている歯根と入れ歯に磁石を取りつけ、磁力で固定する入れ歯です。取り外しが簡単にできる一方、強力な磁力で固定されるため硬いものでもしっかり咬めます。また、バネを使用しないため、自然な見た目になります。
※磁石を埋め込む歯は神経を取った歯に限られます。

コーヌスクローネデンチャー

コーヌスクローネデンチャー 残っている歯根に内冠を、入れ歯に外冠を取りつけ、茶筒のフタと同じように空気圧を利用してはめ込んで固定する入れ歯です。バネがないため見た目が自然で、安定した装着感が得られるため咬み心地に優れています。

BPSデンチャー

専用のシステムに則った公認歯科技工士の手によるフルオーダーメイドの入れ歯です。通常の入れ歯と異なり、複数回、しかも歯を使っているような状況下で「動的な」歯型を採取するため、お口にぴったり合った使用感のよい入れ歯が完成します。

深澤歯科医院のこだわり

インプラントはおすすめしません

他の歯科医院ではインプラントがすすめられる時代となっています。その理由としては、他の歯を削ったり支えとする負担を他の歯にかけたりしないから。しかし、インプラントという、そもそも人の体内にない素材を入れることに対して、当院はあまり積極的ではありません。それよりも、ブリッジなどのような歴史ある治療法のほうが今後のリスクや対処法に見通しが立つと考えています。

【当院でのインプラント対応】

当院でも、インプラント治療のご相談はお受けしています。ただ、実際に治療を受けていただく場所は、当院ではなく専門の研究者がいる大学病院。インプラント治療は衛生・技術・設備すべての面で徹底した管理のもと行われるべきだと考えており、それらを実現しているのが大学病院のオペ室なのです。

当院では、インプラント治療が患者さんにとって最善の治療法であり、ご自身が希望される場合は、院長の出身大学である鶴見大学のオペ室を借りて手術を行います。また、オペにあたる医師には、インプラントを専門に研究されている先生をご紹介することもできますし、希望されるなら深澤院長自らが執刀もします。

使用するインプラントは、インプラント発祥の地であり、現在も最先端の研究がなされているスウェーデン「zimmer」社製のものを使用。安全性には十分に検討を重ねており、確実な治療が実現します。

他院にはない治療技術「フルブリッジ」

当院では、一般的なブリッジに加え「フルブリッジ」にも対応可能です。これは大変高い技術が要求される方法ですが、当院の院長はそれが可能なだけの技術力を持っています。これまで治療を受けられた患者さんの経過も順調で、ご満足いただけています。

先生からのメッセージ

歯を失ってしまったとき、そのままにされてしまう方がいらっしゃいます。これは高齢の方に少なくありません。たった1本でも歯を失った部分を放置すると、横の歯が倒れてきたり、咬み合う歯が伸びてきたりします。そうなると食べものが上手に咬めなくなるだけでなく、歯列全体を乱す原因となることもあります。こういった状況になると、大がかりな治療が必要になってしまいますし、治療に痛みが生じたり治療が長期化したりします。そうならないためにも、歯を失ってしまった場合、できるだけお早めに当院へご相談ください。

埼玉県さいたま市|診療予約|深澤歯科医院